アルファード

【最新情報】新型アルファードのマイナーチェンジは2020年1月。フルモデルチェンジ発売日は2022年を予定!

アルファード歴史
スポンサーリンク

今回は新型アルファードのマイナーチェンジ&フルモデルチェンジ最新情報をお届けします。現行の30系は2015年にフルモデルチェンジし、直近のマイナーチェンジは2018年1月でした。

もうそろそろフルモデルチェンジサイクルに突入してきたってことか!

Lクラスミニバン市場では、もう一人勝ちと言っても過言ではないほどの大人気車種なのは言うまでもないでしょう。

ラグジュアリー感あふれる内装に、威圧的でスタイリッシュなエクステリアデザインは多くの人を魅了しています。

次期マイナーチェンジ&フルモデルチェンジの変更点、発売日など詳しく見ていきましょう!

記事のポイント
  • ビッグマイナーチェンジは2020年1月を予定
  • フルモデルチェンジ発売時期は2020年3月を予定
  • 3.5Lハイブリッドをラインナップ
  • ヴェルファイアとの統合
  • プラットフォームはTNGA
  • 将来的にはPHVモデルのラインナップも予定
  • 現行モデルの紹介

「一括査定だから出せる【最高高値】!もちろん無料で愛車の価値が45秒で分かります。60万円もお得に売却出来た実例もアリ。夢の新車に乗り換えるチャンス」

\\愛車の買取価格を今すぐ知る// \\↓えっ!?こんなに高いの↓//

新型アルファード画像
新型アルファードの値引き相場情報「2019年8月の目標は40万円~50万円で推移」限界を目指すチェックシートを紹介!現在新型アルファードの値引き相場は、最大約40万円~50万円となっています。内訳は最低でも車両本体から30万円前後、オプション等で20万円前後を目安にディーラーでの交渉に望みましょう。下取りがある方なら、愛車を最高値で売却するテクニックも絶対に必要です。下取りMAXで新型アルファードのグレードもアップできるかもしれませんよ!...

この記事の目次

スポンサーリンク

新型アルファードのビッグマイナーチェンジは2020年1月を予定!

新型アルファード試乗レポート

2020年1月よりアルファード&ヴェルファイアをトヨタ全系列店で扱うことは決定していますね。それに合わせて、

  • 新型アルファードのビッグマイナーチェンジを実施

という流れになると予想されています。ディーラーさんでも噂が出ているみたいですね。

ビッグマイナーチェンジでの変更点は内外装のデザイン

ビッグマイナーチェンジで何か変わるのかな!?

噂が出ているのは、内外装のデザイン変更ですね。ある意味一番重要なポイントでしょう!

アルファードはエクステリアデザインの変更に伴い、ヴェルファイアを上回る売れ行きになりましたからね。デザイン気になりますよね。。

ベストカーWEBで予想CGが出ていますね~↓

このままでもいいね(笑)

実際の情報はまだまだですが、楽しみに待ちましょう!

2.5Lハイブリッドに2WDの追加ラインナップ

ビッグマイナーチェンジで2.5Lハイブリッドの2WDを追加ラインナップするとの噂も。

価格設定が安く抑えれれるなら嬉しいポイントだね。

現行モデルの価格帯を確認すると、

  • ハイブリッドの価格帯は¥4,384,800~¥7,502,760
  • ガソリン車の価格帯は¥3,376,080~¥7,177,680

ビッグマイナーチェンジで2WDのラインナップが追加されれば、ハイブリッドでも300万円台のエントリーグレードになるかもしれませんね。

新型アルファードのフルモデルチェンジは2022年3月~6月に発売。

新型アルファードのフルモデルチェンジ時期は、2022年3月~6月と予想しています。新型アルファード画像

まだまだ先だね。ビッグマイナーチェンジの様子を見てからかな

歴代のフルモデルチェンジサイクルを考えても、十分に予想できるフルモデルチェンジ時期だと考えています。

現在噂されている情報、変更点などを詳しく見ていきましょう!

新型ヴェルファイア
【最新】新型ヴェルファイアがビッグマイナーチェンジで2020年1月発売!2022年予定のFMCでは統合&PHVラインナップも予想!【最新情報】新型ヴェルファイアがフルモデルチェンジ!発売は2020年の3月頃か!今回の注目はなんといっても統合されて残るのはどっちのモデルなのよ!って話。あとはプラグインハイブリッドの投下はあるのか!「TNGA」「Toyota Safety Sense 」採用はまちがいないでしょうし、ハイブリッドでは低燃費化が進みこの車体サイズでも20km/Lは超えてくるのではないでしょうか!ノア、ヴォクシーなども統合されフルモデルチェンジとの予想でトヨタから目が離せませんよ!...
スポンサーリンク

3.5Lハイブリッドをラインナップへ。PHV(PHEV)は遅れてデビューへ

新型アルファードスペック

現行モデルでは、2.5Lハイブリッドがメインとなっています。しかし・・・レクサスのミニバン【LM】でも噂されているのが・・

  • 3.5Lハイブリッドのラインナップ
レクサス新型LM
【最新情報】レクサスLM300h、LM350初のミニバン発売!まさかの4人乗り!価格は2000万!?気になる日本での発売日は!?ついにきました!レクサスから初のミニバンが登場です! その名も「LM」。 アメリカと日本ではLM300hとLM350hにて商...
へー実現したら最強のスペックになりそうだね!

そしてなんと・・PHVのラインナップを予定しているとの噂が!!同時発売は難しそうですが、遅れてラインナップ追加となりそうです。

新型アルファード燃費実燃費
新型アルファードの燃費をライバル車と比較!ハイブリッドで19.4km/L、ガソリン車は11.6km/L。実燃費は満足感◎新型アルファードの燃費性能とライバル車比較でした。まとめると・・ガソリン車のカタログ燃費は10.4-12.8km/Lハイブリッドのカタログ燃費は18.4-19.4km/Lガソリン車の実燃費は8-10km/Lハイブリッドの実燃費は12-14km/Lライバル車と比較で凄さを再確認といった結果になりました。アルファードの燃費が悪い!!とは絶対に言えませんね。...

ダウンサイジングターボで2.0Lダイナミックフォースエンジンの採用も

新型アルファードスペック

新開発の2.0Lガソリン車用エンジン・ハイブリッド車(HV)用エンジンは、それぞれ、世界トップレベルの熱効率40%・41%を達成しました。また、従来型エンジンに比べて、低回転から高回転まで全域でトルクアップを実現すると同時に、各国の排気規制にも先行して対応します。

最大で約40%もの低燃費化が実現できるという、2.0Lダイナミックフォースエンジン。ダウンサイジングはハリアーなども予定されているので間違いないでしょう。

世界トップクラス高出力エンジンと称され、アルファードに相応しいと言えますね。

新型アルファード画像
新型アルファードの良い口コミ&辛口な口コミまとめ。ガソリン車の高評判は超絶なトータルバランスの高さ!新型アルファードの良い口コミ&辛口な口コミでした。まとめると・・・良い口コミは内装に集中ガソリン車の口コミは◎辛口な口コミは走行性能にアリハイブリッドは価格設定に辛口もうライバル車・・がいない状況って言いほど、LLサイズミニバンを独占しているアルファード&ヴェルファイア。人を乗せて生きる車・喜ばれる車こんな言葉がピッタリのミニバンでしょう!!対抗できるライバル車が出てくるのでしょうか(笑)。...

新型40系で、燃費も若干向上!

現行モデルの燃費を見ると、

ガソリン車2WD10.6-12.8km/L
ガソリン車4WD10.4-12.4km/L
ハイブリッド2WD
ハイブリッド4WD18.4-19.4km/L
確実にコレ以上の低燃費になるだろうね。

若干でしょうが、燃費の向上はあるでしょう。ガソリン車で12km-15km/L。ハイブリッドで20km/L-22km/L程でしょう。

エクステリアはシンプルに!?それともギラつかせる!?

新型アルファードカスタム

次期フルモデルチェンジで気になるのが、エクステリアデザインでしょう。ベストカーWEBの予想CGがこれ↓

シンプルになった印象もあるけど・・

ですね。ギラギラ感は抑えられ気味なのかなと。。エクステリアデザインはどうでしょうね。。

ギラギラ感が最大の売りでもあるので・・シンプルに高級感を出していくのか。。今後の情報に期待しましょう。

ヴェルファイアと将来的に統合される予定。併売車種とする方針

新型ヴェルファイア

現在はアルファードがトヨペット店、ヴェルファイアがネッツ店の専売車種になっています。うーんコレ自体・・そもそもどうなのかな!?ってユーザーは常に思っていたのですが。。

これを2020年よりアルファードがトヨペット店&トヨタ店、ヴェルファイアはネッツ店とカローラ店で併売する事は確実になっていますね。

世代によって売上も変わるみたいだけど、アルファードのほうが好調みたいね

ですね!よってヴェルファイアはアルファードのグレードもしくは、特別仕様車的な扱いになるかもしれませんね。

新型ヴェルファイアの評価は85点!言いたい放題言っちゃうぜ!改善点はコレだ!※実際に試乗してきました~※完全オリジナル評価レビュー!新型ヴェルファイアの総合評価は85点となりました。予想通り(?)かなりいいミニバンでしたね~ぶっちゃけ価格面以外は文句ありません(笑)っていうか、それくらいいいミニバンだから「価格面は高くてもしょうがないよね」って思えるほどの良いミニバン!試乗した際にディーラーさんも言っていましたが、売れ専はやっぱりガソリンモデルみたいですね。ハイブリッドは車両価格が高いので、幾ら燃費が良くなるとはいえ元をとるには何年乗るの?っていう話になるようです。...

デジタルアウンターミラーの採用があるかも!?

新型レクサスESで装備された、デジタルアウンターミラー↓

新型レクサスESデジタルアウンターミラー
新型レクサスESデジタルアウンターミラー

ウインカー操作やリバース操作に連動して、表示エリアを自動で拡大させることが可能です。また、スイッチ操作で、一時的に表示エリアを拡大することもできます。

アルファードにも採用されたら凄いねー

フルモデルチェンジでデジタルアウンターミラーの装備は期待ですね!

プラットフォームはTNGAを採用は間違いないでしょう

トヨタが推し進めている、全車共有プラットフォーム化を考えればTNGAの採用は間違いないでしょう。

TNGA

TNGAの採用によって優れた操縦安定性や低価格化という恩恵もあるので、ユーザーにとっても歓迎でしょう!!

追加でPHV(PHEV)のラインナップへ。懸念はプリウスPHVの不振

プリウスPHV

そして注目なのが、新型アルファードにPHVのラインナップが予定されていること。LサイズミニバンのトップとしてPHV化はインパクトが強いですね。しかし・・・懸念されるのは・・

  • プリウスPHVの販売不振
そうか・・プリウスPHVが売れているイメージは少ないね

プリウスPHVの販売不振なだけに・・アルファードのラインナップも先送りされるんじゃないか心配ですが。。現在の予定では、遅れてPHVのラインナップが予定されています。

新型アルファードハイブリッド画像
新型アルファードの評価は【86点】言いたい放題言っちゃうぜ!改善点はコレだ!試乗レポートもお届け新型アルファードの総合評価は【86点】です!最高峰のミニバンでしたね。一言でまとめると・・一度乗ったら、もう止められない車と言えるでしょう。。室内の広さは圧倒的で、何かと比べることすら出来ません。。そしてスライドドアに乗り心地の良さ。。もう止められないでしょう(笑)。死角が見当たらないほど、完成度の高いミニバンでした。唯一価格面は辛口評価としましたが、満足感を考えれば妥当とも言えます。...

法規制上限の自動運転&安全性能の向上は間違いない

トヨタ自動運転

トヨタが開発している自動運転技術の最高峰がアルファードに搭載されるのは確実でしょう。安全性能もToyotaSaftySenceのバージョンアップ版が搭載されるはず。

価格はエントリーグレードで350万円。最上級グレードでは850万円まで上昇か?

現行モデルのエンジン別の価格帯をまとめると・・

  • 2.5L|3,376,080円~4,206,600円
  • 3.5L|4,652,000円~7,028,640円
  • 2.5Lハイブリッド|4,384,800円~7,352,640円

ダイナミックフォースエンジンや安全性能の向上を踏まえて、エントリーグレードで350万円、最上級グレードで850万円まで最大で上昇を予想しています。

今後また最新情報が入り次第更新していきますね!それまで現行モデルのおさらいをしておきましょう!!

新型アルファード画像
新型アルファードの価格をライバル車と比較!エルグランドと意外にも同等の価格設定。エントリーグレードなら手が届くかも今回は新型アルファードの価格に関して、ライバル車である日産のエルグランド、オデッセイ、ヴォクシーと比較しながらまとめてきました。まとめるとハイブリッドの価格帯は¥4,384,800~¥7,502,760ガソリン車の価格帯は¥3,376,080~¥7,177,680エルグランドと価格帯は同等オデッセイは割安ヴォクシーとは良い意味でメリハリがついているといったところでしょうか。...

現行アルファードの最新値引き情報!2019年8月【40万円~50万円】

直近のマイナーチェンジは2018年10月に実施されていますが、モデルとしては末期に近い現行のアルファード。値引き額も拡大傾向にありますね。

新型アルファードハイブリッド画像

最新のアルファード値引き相場額は【40万円~50万円】と大幅な値引きも期待できる状況に!車両本体価格とオプション、諸経費からの値引き交渉はしっかりやりましょうね!!

↓詳しくはこちら↓

新型アルファード画像
新型アルファードの値引き相場情報「2019年8月の目標は40万円~50万円で推移」限界を目指すチェックシートを紹介!現在新型アルファードの値引き相場は、最大約40万円~50万円となっています。内訳は最低でも車両本体から30万円前後、オプション等で20万円前後を目安にディーラーでの交渉に望みましょう。下取りがある方なら、愛車を最高値で売却するテクニックも絶対に必要です。下取りMAXで新型アルファードのグレードもアップできるかもしれませんよ!...
スポンサーリンク

現行アルファードの紹介

ではまずは現行モデルの歴史を見ていきましょう!!

アルファード歴史
  • アルファードの歴史
2002年5月初代デビュー
2005年4月マイナーチェンジ
2007年6月マイナーチェンジ
2008年5月フルモデルチェンジ2代目
2011年11月マイナーチェンジ
2014年4月マイナーチェンジ
2015年1月フルモデルチェンジ3代目
2017年12月マイナーチェンジ
2018年10月マイナーチェンジ(現行モデル)

初代は2002年デビューと歴史のある車種に成長しましたね。Lサイズミニバンから高級ミニバンへと進化していきました。今では【いつかはアルファードに】って言葉が流行るくらいですらね。。

もうトヨタのフラッグシップモデルと言っても過言ではないでしょう。

アルファードの満足度は88%、言うまでもなくインテリア&居住性に高評価!

  • オーナーさんのアルファードハイブリッドの満足度
新型アルファード画像
エクステリア
インテリア
燃費
走行性能・乗り心地
価格
総合評価

全記事一覧値引き情報

流石に高評価だねー!価格は辛口な口コミが多いのかな。。

エクステリアデザインは現行モデルになって、ちょい悪感がヴェルファイアによった印象ですね。ヴェルファイアより上品さは残しつつ、厳つさがUPしたといったところでしょうか。

新型アルファード画像
新型アルファードの良い口コミ&辛口な口コミまとめ。ガソリン車の高評判は超絶なトータルバランスの高さ!新型アルファードの良い口コミ&辛口な口コミでした。まとめると・・・良い口コミは内装に集中ガソリン車の口コミは◎辛口な口コミは走行性能にアリハイブリッドは価格設定に辛口もうライバル車・・がいない状況って言いほど、LLサイズミニバンを独占しているアルファード&ヴェルファイア。人を乗せて生きる車・喜ばれる車こんな言葉がピッタリのミニバンでしょう!!対抗できるライバル車が出てくるのでしょうか(笑)。...

内装は広さ、質感、高級感ともに高評価。最高クラスのインテリアと言えるでしょう。ハイブリッドは走行性能&乗り心地も快適で、静粛性も高レベルですね。

唯一辛口な口コミで目立つのが、価格設定。。高級ミニバンなので仕方ないですが・・ちょっとガソリン車との価格差約70万円~100万円と大きいのがネックですね。

  • オーナーさんのアルファードガソリン車の満足度
新型アルファード画像
エクステリア
インテリア
燃費
走行性能・乗り心地
価格
総合評価

全記事一覧値引き情報

 

ガソリン車だと価格設定は及第点以上の評価なんだね!

コスパ最高!ハイブリッドよりお得!って口コミが多いですね。車両本体価格も3,376,080円~4,652,000円とエクゼクティブラウンジを抜かせばお手頃感も。。燃費は及第点以上の評価ですが、ハイブリッドと比較すると・・って話になりますね。。総合評価はハイブリッド&ガソリン車共に高評価です!

↓詳しくはこちら↓

新型アルファードハイブリッド画像
新型アルファードの評価は【86点】言いたい放題言っちゃうぜ!改善点はコレだ!試乗レポートもお届け新型アルファードの総合評価は【86点】です!最高峰のミニバンでしたね。一言でまとめると・・一度乗ったら、もう止められない車と言えるでしょう。。室内の広さは圧倒的で、何かと比べることすら出来ません。。そしてスライドドアに乗り心地の良さ。。もう止められないでしょう(笑)。死角が見当たらないほど、完成度の高いミニバンでした。唯一価格面は辛口評価としましたが、満足感を考えれば妥当とも言えます。...
スポンサーリンク

アルファードのおすすめカラーはシンプルにブラックをチョイス!

新型アルファードハイブリッド画像

アルファードのおすすめカラーはブラックに決定です。ホワイトパールクリスタルシャインも人気のカラーですね。カラーバリエーションは7種類となっています。

新型アルファードカラーバリエーション
新型アルファードのおすすめカラーはグラファイトメタリック。ピッカピカで乗るならブラックがGOOD!新型アルファードのおすすめカラーを決定していきました。まとめると・・おすすめカラーはグラファイトメタリックカラーバリエーションは7色ラインナップピッカピカで乗るならブラックも◎人気色はホワイトパールクリスタルシャイングラファイトメタリックは【被りづらい】ってのも魅力ですからね。エアロモデル専用色の赤は冒険したならGOODでしょう!...

内装はまさに【リビング】助手席&後部座席はもはやマッサージチェアー

新型アルファード内装画像
ひろっ!!助手席に優雅な外人乗ってんな~ww

この状態の助手席と2列目運転席後ろはヤバいです!(笑)やはり、、これはもはや車ではないレベル…。。なんでもこのスーパーロングスライドは世界初とのこと。

よく、「ミニバン助手席のスライドは使わない…」なんて口コミも目にしますが、、、関係ないでしょ!あるに越したことはない。こーゆー機能があるからワクワクするんです(笑)そゆとこ大事。シートアレンジだって色々出来たほうがいぃぃんです!

↓詳しくはこちら↓

新型アルファード内装画像
新型アルファードの豪華内装を画像78枚でレビュー!グレードによる違いから後部座席まで見ていこうじゃないですか!新型アルファードの内装をレビューしていきました。ポイントをまとめると・・室内サイズは圧倒的ラグジュアリー感は群を抜くグレードによる違いは多い後部座席は高評価の嵐3列シートも実用性十分といった結果に。高級感&実用性、快適性・・どれをとっても文句なしの高評価でしょう。社長さんカーで人気があるのも納得です。そして、後部座席は称賛の嵐でしたね。...

アルファードとエルグランドの価格を比較すると・・ほとんど一緒という結果に

新型エルグランド

まず新型アルファードのグレード別に価格を見ていきたいと思いますが・・・

とりあえずグレードや種類の多さに驚かないでください(笑)

えっっ・・
ハイブリッド|2.5L+モーター
HYBRID X¥4,384,800~
HYBRID G¥4,997,160~
HYBRID G“F パッケージ”¥5,551,200
HYBRID Executive Lounge¥7,352,640
HYBRID S¥4,632,120
HYBRID SR¥5,139,000
HYBRID SR“C パッケージ”¥5,695,920
HYBRID Executive Lounge S¥7,502,760~

ハイブリッドの価格帯は¥4,384,800~7,502,760となっていますね。ハイブリッドモデルはE-Four(電気式4輪駆動方式)となっています。

ガソリン|2.5L&3.5L
X¥3,376,080~
G¥4,206,600~
GF¥4,652,000~ ※3.5L
Executive Lounge¥7,028,640~ ※3.5L
S¥3,714,120
S“A パッケージ”¥3,926,880~
 S“C パッケージ”¥4,383,720
SC¥4,969,080~
Executive Lounge S¥7,177,680~

ガソリン車の価格帯は¥3,376,080~¥7,177,680となっています。ガソリン車は2WD/4WDを選択可能となっています。

新型アルファードとニッサンエルグランドの価格を比較すると、

  • ほとんど価格差はない

こう言っても過言ではないでしょう。どちらの車種もグレードの種類が半端なく多いので、ユーザーニーズに合わせた選択が可能になっていますね。

新型アルファードTRDカスタム
新型アルファードのカスタム!アクセサリー&エアロパーツも盛りだくさん。モデリスタ&TRDはヤバ過ぎるぜ!今回は新型アルファードのカスタムパーツを画像でご紹介!アクセサリー&エアロパーツにアルミホイールを楽しんじゃいましょう!まとめると・・エアロボディは豪華絢爛ノーマルボディは上品さも兼ね揃えるおすすめはTRDノーマルボディいやーとにかく豪華さにノックダウンでしょう!!...

特に最上級グレードは、お値段も凄いですが・・内装もヤバすぎます!!

↓詳しくはこちら↓

新型アルファード画像
新型アルファードの価格をライバル車と比較!エルグランドと意外にも同等の価格設定。エントリーグレードなら手が届くかも今回は新型アルファードの価格に関して、ライバル車である日産のエルグランド、オデッセイ、ヴォクシーと比較しながらまとめてきました。まとめるとハイブリッドの価格帯は¥4,384,800~¥7,502,760ガソリン車の価格帯は¥3,376,080~¥7,177,680エルグランドと価格帯は同等オデッセイは割安ヴォクシーとは良い意味でメリハリがついているといったところでしょうか。...

おすすめグレードは本命|【S“C パッケージ”】|ガソリン、拘り派|HYBRID SR“C パッケージ”

新型アルファード画像

購入する際にグレードは何にするか!?って悩みを解決していきたいと思います。

頼むわ~。もう種類が多すぎてどうすればいいかわかんないよ~

早速発表しますね。。おすすめグレードは・・・

  • 本命|【S“C パッケージ”】|ガソリン
  • 拘り派|HYBRID SR“C パッケージ”

多種多様なグレードから、おすすめグレード【S“C パッケージ”】【HYBRID SR“C パッケージ” 】を選んだ理由を見ていきましょう!

↓詳しくはこちら↓

新型アルファードエグゼクティブパワーシート
新型アルファードのおすすめグレードは【S“C パッケージ”】ガソリン車。【ニーズ】が重要なポイントになる新型アルファードのおすすめグレードでした。まとめると・・・本命|【S“C パッケージ”】|ガソリン拘り派|HYBRID SR“C パッケージ”納得のおすすめグレードを決定できました。おすすめグレードを決めるうえでアルファードに求めるニーズガソリン車かハイブリッドか拘るポイントはどこかアルファードくらいグレードによる価格差があると、求めるニーズがやっぱり違うんですよね。...

アルファードハイブリッドの燃費は18.4km/L~19.4km/L!ガソリン車は9.1km/L~12.8km/L

新型アルファード燃費実燃費
ガソリン車2WD10.6-12.8km/L
ガソリン車4WD10.4-12.4km/L
ハイブリッド2WD
ハイブリッド4WD18.4-19.4km/L
ハイブリッドすげぇ!さすがトヨタ!

ハイブリッドの燃費はかなり素晴らしい数字でしょう。このサイズでそれだけ走ってくれるの!?って感じです。超経済的。

あとガソリン車はグレードタイプによって結構燃費が変わってくるんだねぇ・・

こちらは後述しますが、エンジン排気量や車両の重量(オプション装備等々)によって変わってくるようです。ここまでしっかり公式で発表してくれているところも好印象ですね!

↓詳しくはこちら↓

新型アルファード燃費実燃費
新型アルファードの燃費をライバル車と比較!ハイブリッドで19.4km/L、ガソリン車は11.6km/L。実燃費は満足感◎新型アルファードの燃費性能とライバル車比較でした。まとめると・・ガソリン車のカタログ燃費は10.4-12.8km/Lハイブリッドのカタログ燃費は18.4-19.4km/Lガソリン車の実燃費は8-10km/Lハイブリッドの実燃費は12-14km/Lライバル車と比較で凄さを再確認といった結果になりました。アルファードの燃費が悪い!!とは絶対に言えませんね。...

安全性能はToyotaSafetySenseでサポートカーS<ワイド>

歩行者(昼夜)や自転車運転者(昼)も認識可能となるなど、新たな機能の採用、既存機能の向上を実現した次世代の予防安全パッケージを、全車に標準装備しています。

安全性能は方向車も認識できるToyotaSafetySenseを搭載。サポカーSワイドにも認定されていて、文句なしの高評価ですね。

新型アルファード画像
新型アルファードの車体&室内サイズをライバル車と比較!大きいけど、大きすぎないのが売れている理由新型アルファードの車体&室内サイズをライバル車と比較していきました。まとめると・・エルグランドより室内は広いオデッセイと大きな差は全長と室内高ヴォクシーは小さいが、室内の広さは◎サイズもKINGライバル車と比較しても、車体サイズ&室内サイズともに大きさが分かる結果になりました。室内の広さは・・もう文句なしでしょう。アルファードに乗ったら、全ての車が狭く感じちゃいますから(笑)。...

新型アルファードの【S“C パッケージ”】の乗り出し価格は・・¥5,455,937

新型アルファード乗り出し価格

新型アルファードの見積もり結果がでました。

  • 乗り出し価格|¥5,455,937
500万円をオーバーしちゃったかー

S“C パッケージ”でおすすめオプションをつけて・・545万円程。値引き額は【35-50万円】ほど狙えるので、500万円前半で上級グレード&ムーンルーフ&3眼LEDライト付きならお買い得感もありますね。

新型アルファード画像
新型アルファードの値引き相場情報「2019年8月の目標は40万円~50万円で推移」限界を目指すチェックシートを紹介!現在新型アルファードの値引き相場は、最大約40万円~50万円となっています。内訳は最低でも車両本体から30万円前後、オプション等で20万円前後を目安にディーラーでの交渉に望みましょう。下取りがある方なら、愛車を最高値で売却するテクニックも絶対に必要です。下取りMAXで新型アルファードのグレードもアップできるかもしれませんよ!...

次にこだわり派HYBRID SR“C パッケージ”の乗り出し価格を見ていきましょう!

こだわり派!【HYBRID SR“C パッケージ”】なら乗り出し価格は¥6,597,137

新型アルファード乗り出し価格

新型アルファード【HYBRID SR“C パッケージ”】の見積もり結果がでました。

  • 乗り出し価格|¥6,597,137
おっと!!最高級ミニバンだねやっぱり!!

値引きを入れれば、実質は600万円ほどですかね。国産最高峰のミニバン&ハイブリッドと考えれば妥当でしょうか!

オプションもしっかりと付いているので、満足感が高い1台です。

新型アルファードガソリン車乗り出し価格
新型アルファードの乗り出し価格は【S“C パッケージ”】で総額545万円!値引き込み495万円の見積り結果がでました今回は新型アルファード【S“C パッケージ”】で見積もりをしてみた結果、乗り出し総額は、¥5,455,937という結果になりました!上級グレード&おすすめオプションも付けての乗り出し価格なので、満足感も高いでしょう!値引き交渉もしっかりとやりましょうね!...
新型アルファード画像
新型アルファードの値引き相場情報「2019年8月の目標は40万円~50万円で推移」限界を目指すチェックシートを紹介!現在新型アルファードの値引き相場は、最大約40万円~50万円となっています。内訳は最低でも車両本体から30万円前後、オプション等で20万円前後を目安にディーラーでの交渉に望みましょう。下取りがある方なら、愛車を最高値で売却するテクニックも絶対に必要です。下取りMAXで新型アルファードのグレードもアップできるかもしれませんよ!...
スポンサーリンク

まとめ アルファードフルモデルチェンジ最新情報

新型アルファード画像

新型アルファードのフルモデルチェンジ最新情報でした。もう一度まとめると・・

  • フルモデルチェンジ発売時期は2022年3月を予定
  • 3.5Lハイブリッドをラインナップ
  • ヴェルファイアとの統合
  • プラットフォームはTNGA
  • 将来的にはPHVモデルのラインナップも予定
  • 現行モデルの紹介

発売日2020年を予定してますが、今後新たな情報が入ってくるでしょう!LサイズミニバンのKINGとも言えるアルファードのフルモデルチェンジは注目ですね。

現行モデルも値引き幅は拡大傾向にあるので狙い目かもしれません。。

是非ディーラーさんへ行って、試乗して体感してくださいね!内装は驚きを隠せないはず!

VIVAミニバン!

スポンサーリンク

「一括査定だから出せる【最高高値】!もちろん無料で愛車の価値が45秒で分かります。60万円もお得に売却出来た実例もアリ。夢の新車に乗り換えるチャンス」

\\愛車の買取価格を今すぐ知る//
\\↓えっ!?こんなに高いの↓//

画像テキスト引用TOYOTA公式HP

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

あなたの愛車の価値って知ってますか!?実は・・結構高いんです!
俺の愛車なんて・・もう7年落ちだし・・逆にお金かかるんじゃないかな。。
下取り価格なんてつかないんじゃいなの?

あなたの愛車って、実は・・結構高いんです!信じられないなら45秒で下取り価格を調べてみてください↓↓

愛車の査定相場が【今すぐ】わかっちゃいますよ↓↓

下取り価格
へえー便利だね!じゃあ今すぐやってみようっと!
下取り価格次第では・・夢の乗り換えだって出来ちゃうかも!?

30秒ほどで愛車の価値が分かるので、今すぐチェックしてくださいね!
かんたん車査定ガイド

最新モデルチェンジ情報!

ミニバンIKETEL最新モデルチェンジ情報